会社概要

 商号和興テクノ株式会社
 資本金8,000万円
 所在地本社   〒101-0021 東京都千代田区外神田6-5-4 偕楽ビル5階
TEL(03)6265-3920 FAX(03)6265-3921

大阪支社 〒564-0063 大阪府吹田市江坂町一丁目14番33号 TCSビル3F
TEL(06)6386-1608 FAX(06)6386-1051
 設立2010年5月(平成22年)
 役員代表取締役社長 村上 洋一

沿革

旧:第一濾業株式会社

1956年11月
東京都中央区銀座で、流体濾過器の製造販売及び貯蔵所タンク清掃工事請負を目的に、資本金100万円で創業
1958年4月ガソリンスタンド地下タンク清掃用に循環式自動濾過徐水装置を開発しサービスを開始
1959年4月重油タンク清掃及びボイラ整備工事を開始
1961年10月資本金を200万円に増資
1969年7月資本金を400万円に増資
1970年7月資本金を600万円に増資
1971年5月

和興商事株式会社・日本フィルタ工業株式会社と第一濾業の三社が合併し、和興産業株式会社となる。その後、和興産業株式会社の関連会社として、資本金1,000万円で、業務を継続する
1973年 5月東京都中央区京橋に本社を移転
1975年 8月東京都他より産業廃棄物収集・運搬業の許可を受ける
1979年12月茅ヶ崎市に廃油保管の為積替保管の許可を、神奈川県より受ける
1985年 7月東京消防庁の認可を受け、地下タンクの漏洩検査を開始
1989年 3月(財)全国危険物安全協会より、地下タンク「定期点検事業者認定」を受ける
2004年 4月消防法の一部改正に伴い、漏洩検査器具を一新する
           4月循環式自動濾過除水装置を改良する
2010年 2月
和興テクノ株式会社と社名変更し、本社を東京都文京区本郷に移転し、資本金を8,000万円に増資



旧:和興フィルタテクノロジー(株) 電力・環境機材特販部
1954年 8月ワコーアンカー1型を開発し、関西電力の規格を取得
        10月ワコーアンカーが東京電力の規格を取得
1958年 5月2トン用新型ワコーアンカー4型を開発
1959年 9月ワコーアンカー5型を開発し、東京電力、関西電力の規格認定を取得
1961年11月ワコーアンカー7型を開発し、東京電力、関西電力の規格認定を取得
1962年 6月ワコーアンカー10型を開発し、東京電力、関西電力の規格認定を取得
1963年 9月電柱防護用O型ポールガードを開発し、電力会社に納入を開始
1964年 9月
ワコーアンカー12型を開発し、25号・15号・8号とシリーズ化を図り、電力会社の規格を取得
1969年 5月岩盤用支線棒が、関西電力の規格を取得
           7月 中国電力向けアンカーを拡販するため、広島出張所を開設
1973年 9月大容量用ワコーアンカー21型80号を開発し、電力会社に納入を開始 
1981年 1月 リンク式アンカーを開発し、関西電力の規格を取得
           1月超大型アンカー20トン用を開発
1983年 8月電柱用貼紙防止形ポールガードを開発
1988年 9月エンジン式アンカー打込機「ビーガン」を開発 
           9月
ツリープロップ(ランドホルダーの前身)を開発し、大阪「花の博覧会」会場の植樹用に採用された
1996年11月地下樹木支柱「ランドホルダー」を開発 
1999年 4月旭テックと硬質地盤用アンカーの共同開発に着手
2003年 1月 硬質地盤用アンカーを開発し、東京電力の規格承認を取得 




和興テクノ株式会社

2010年  5月和興テクノ㈱(旧:第一沪業㈱)と和興フィルタテクノロジー㈱の電力・環境機材特販部の事業を統合し営業を開始
            5月独自の技術を駆使した「水性塗装トータルシステム」の販売を開始
2013年  4月東京都文京区関口に本社を移転し、営業を開始
2019年  8月東京都千代田区外神田に本社を移転し、営業を開始